IPOコンサルティングthumb_up

IPOに当たっては、上場時のIの部、Ⅱの部の作成のみならず、内部統制の構築、適時開示のための決算支援体制の構築、資本政策、証券会社・東証対応、監査法人対応、等準備すべきことは多岐にわたります。

通常経理人数の少ない中、通常の業務に加えて、一時的に突発的に発生するIPO準備作業を経理メンバーのみに任せた場合、上場の確実性が低下するのみならず、従業員の疲弊、残業時間の増加につながります。

そこで、我々プロフェッショナルが貴社のIPOを支援することにより、確実かつスムーズにIPOの準備ができるのみならず、経営者が経営に集中することが可能となります。